gyouseisyoshi ryoko-osamu office
行政書士 良子修行政法務事務所     
福岡市中央区黒門8番13号-501   (TEL)  092- 725-8231                                     


福岡県行政書士会 会員
入国管理局申請取次行政書士
(福)行01−第47号

行政書士 良子 修(リョウコ オサム)









【営業日】  月曜日から金曜日
【営業時間】 9時から18時

ご相談・業務のご依頼の面談は、
予約制です。



事前にご予約頂くと、営業日
以外の面談も可能です。

電話 092-725-8231

お急ぎの場合は、携帯電話に
おかけください。

携帯 090-7399-9301


相談・ご依頼専用メール




電話無料相談室

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




<ビザ関係業務>

査証免除措置実施国一覧

在留資格(ビザ)一覧

在留資格認定証明書

在留資格取得許可申請

在留資格変更許可申請

在留期間更新許可申請

就労資格証明

再入国許可申請

資格外活動許可申請

在留特別許可

上陸特別許可

在留資格取消制度

出国命令

退去強制 (国外追放)

オーバーステイ (不法滞在)

難民認定申請

在留カード制度について

罰則規定


国際結婚について

海外の親(老親)のビザ

医療滞在ビザ

高度専門職

ワーキング・ホリデー

インターンシップ



身元保証人とは

雇用契約書 (採用通知書)

事業計画書

申請理由書

外国人の雇用、保険加入義務







帰化許可申請サポート事務所



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


日本行政書士連合会

法務省入国管理局

在外大使館・総領事館

入管手続のページ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





どうぞお気軽にご連絡
ください。

 
日本ビザの取得、在留期間の更新(ビザの延長)、在留資格の変更
(ビザの変更)、帰化申請(日本国籍取得)をご希望の外国人の
皆様へ


当事務所代表の良子 修(リョウコ オサム)は、入国管理局に届出を行って
いる申請取次行政書士です。

申請取次行政書士は、日本に入国・在留をご希望の外国人(申請人)
やその代理人、招へい機関(会社等)などに代わって、申請書を地方
入国管理局に提出することが認められています。


行政書士は、法律で守秘義務が課せられています。
どうぞ安心して、ご依頼下さい。

      行政書士会員検索システム

  良子修ブログ    裁判事例    事件・ニュース

                                                  
【 在留資格の種類 】      
                             カテゴリー区分    
別表第1の1
 外交、公用、教授芸術宗教報道 
別表第1の2
 高度専門職経営・管理法律・会計医療研究教育技術・人文知識・国際業務企業内転勤興行
 技能技能実習介護
別表第1の3
 文化活動短期滞在
別表第1の4
 留学研修家族滞在
別表第1の5
 特定活動特定活動(長期医療滞在)
別表第2
 永住者日本人の配偶者等永住者の配偶者等定住者



外国人の方の日本入国・日本在留(留学、就職、転職、会社経営、転勤、国際結婚、家族滞在、特定活動、定住、
永住、短期滞在)ビザの入国管理局への申請手続き、相談などのサポートを行ないます。

当事務所の営業区域は、福岡入国管理局の管轄区域(福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、
鹿児島県、沖縄県)です。
ご依頼があれば、その他の地方入国管理局(札幌入管、仙台入管、東京入管、名古屋入管、大阪入管、広島入管、
高松入管)にも申請取次を行ないます。




< 入管法に関わるニュース・事件 >  @ A B C D E F




● 偽りの難民申請をしたベトナム人夫婦を逮捕 (2016年1月22日 産経ニュース)

虚偽の難民認定申請をして不法就労したとして、警視庁組織犯罪対策1課は、入管難民法違反(資格外活動)
容疑で、ともにベトナム国籍で北九州市八幡西区大浦の無職G容疑者(24)と妻(20)を逮捕した。

同課によると2人は「留学」の資格で来日。
昨年夏の在留期限を前に同年6月、「裏社会から借金し帰国したら命が狙われる」として難民認定を東京入国管
理局に申請した。
申請後は6ヵ月間就労できない「特定活動」の在留資格を与えられるが、2人はその間にアルバイトを続けて
いた。
G容疑者は「日本で働けると知人に聞き、虚偽申請した。働けないとは知らなかった」と供述している。
また2人は北九州市で生活しながら、最も申請の受理が多い東京入国管理局に難民認定を申請しており、同課が
詳しい経緯を調べる。

2人の逮捕容疑は、「特定活動」の在留資格で在留中の昨年7月から11月、北九州市内の食品製造販売会社な
どでアルバイトしたとしている。

難民認定をめぐっては当初、申請しても就労できなかったが、2010年から申請6ヵ月後から働けるよう改正。
申請が却下されても異議申し立てが繰り返し可能で、一部で「救済ビザ」などと呼ばれ、虚偽申請による制度の
悪用が指摘されている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





● 「難民申請すれば仕事ができる」 制度悪用したベトナム人逮捕 (2016年2月12日 産経ニュース)

難民認定をするため虚偽の住民異動届を提出させたとして、警視庁組織犯罪対策1課は、電磁的公正証書原本不実
記録・同供用容疑で、東京都新宿区大久保の無職F容疑者(30)らベトナム国籍の男2人を逮捕した。
同課によると容疑を認め、「難民申請すれば半年後に仕事ができると、知人から教わった」と話している。

同課によると、2人はブローカー的な役割で、20代のベトナム人夫婦=入管難民法違反容容疑で逮捕=の虚偽の
難民申請を指南し、15万5千円を受け取ったとみられる。
F容疑者ら自身も「裏社会から借金し帰国したら命を狙われる」として難民申請し、「特定活動」の資格を取得。
すでに申請から6ヵ月経過し、就労が認められていた。
逮捕容疑は昨年6月、ベトナム人夫婦が北九州市から転居したように装い、東京都新宿区役所に虚偽の異動届を
提出させたとしている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





● 強盗と殺人未遂容疑でベトナム人を逮捕 (2016年2月25日 産経ニュース)

埼玉県上里町のアパートでハンドバックを盗み、ベトナム人男子(29)を刃物で刺したとして、埼玉県警は24日、
事後強盗と殺人未遂の疑いで、ベトナム人の住所不定、職業不詳G容疑者(21)を逮捕した。
同容疑者は別の男2人と長野県まで車で逃走していた。
長野県警によると、同容疑者の他にもの1人も身柄を確保して事情聴取中。残る1人の行方を追っている。

逮捕容疑は、仲間と共謀し、23日午前3時25分ごろ、ベトナム人の男女4人がいた部屋を訪れ、女性(22)の
現金約50万円入りのハンドバッグを盗んで逃げた際、追いかけてきた男性の右胸を刃物で刺し重症を負わせたと
している。
埼玉県警の調べに「バッグを盗んだことは間違いない。仲間の誰かが刺した」と供述。刃物は見つかっていない。

両県警によると、G容疑者は現場からワゴン車に乗って逃走し、埼玉県警が近隣の警察に手配した。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





● 下着に金塊、韓国籍の女4人、密輸容疑で逮捕 (2016年6月29日 時事通信)

金塊を下着に隠し密輸しようとしたとして、大阪税関関西空港支署と大阪府警国際捜査課などは29日までに、
関税法違反容疑で、Y容疑者(27)ら韓国籍の女4人を逮捕した。
逮捕容疑は4月11日、韓国仁川空港発のアシアナ航空機で関西空港に入国する際、金塊約30キロ
(約1億3600万円相当)を下着に隠し、密輸しようとした疑い。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





● 不法在留容疑でベトナム人逮捕、永住者の息子になりすます (2016年6月30日 産経ニュース)

在日ベトナム人の女の息子を装い日本国内に住み続けたとして、大阪府警国際捜査課などは30日、入管難民法
違反(不法在留)容疑で、自営業でベトナム国籍のF容疑者(37)を逮捕したと発表した。

大阪府警によると、F容疑者はベトナム国内のブローカーに依頼し偽装パスポートを取得。
日本に住む別のベトナム国籍のブローカーの女(52)=同法違反幇助容疑で逮捕後、処分保留で釈放=を通じ
て、永住資格を持つ在日ベトナム人の女(50)=同法違反幇助容疑=の息子になりすまし、定住資格を得ていた。

逮捕容疑は、2011年9月から今年5月、正規の在留資格がないのにもかかわらず、東大阪市内などに住み続け
たとしている。
溶接業を営んでいたといい、「ベトナムより日本で働くほうが稼ぎがよかった」と容疑を認めている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





● 日本人名義のクレジットカード情報を悪用、不正購入商品の「転送係り」の中国籍女3
       人を送検 (2016年7月6日 産経ニュース)

不正入手した日本人名義のクレジットカード情報を悪用し、インターネットの店舗から商品を騙し取ったとして、
兵庫県警サイバー犯罪対策課などは5日、詐欺容疑で、兵庫県三田市のアルバイトの女(26)ら20歳から
27歳の中国籍の女3人を最終送検したと発表した。

県警によると、3人は商品の「転送係り」とみられ、平成26年10月以降、自宅に届いた800点以上の商品を
中国に送り、手数料を稼いでいた。
中国国内に指示役がいるとみられる。
いずれも「不正に購入された商品とは知らなかった」と容疑を否認しているという。

3人の送検容疑は、昨年10月から11月、何者かと共謀し、4人の日本人名義のクレジットカード情報を使って
オンラインショップに商品を注文。
ランニングシュウーズなど11店(販売価格)を搾取していたとしている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





● タイ人に売春させる。中国籍女ら逮捕 「無料で日本観光」と勧誘 (2016年7月8日 産経ニュース)

不法残留のタイ人女性を風俗店にあっせんして売春させたなどとして、警視庁保安課は8日までに、入管難民法
違反と売春防止法違反などの疑いでタイ国籍の無職A容疑者(36)=東京都台東区=と風俗店の実質経営
者で中国籍のB容疑者(43)=埼玉県河口市=ら計26人を逮捕した。
保安課はA容疑者が昨年12月以降、十数人のタイ人女性を都内の複数の風俗店に仲介していたとみているが、
同容疑者は「全く知らない」と容疑を否認している。

タイからの観光客は2013年から短期滞在ビザが免除されており、保安課はA容疑者らが制度を悪用したと
みている。

逮捕容疑は2月から3月、不法残留していた20歳代のタイ人女性を東京都豊島区のB容疑者の店に仲介し、
売春させるなどした疑い。
A容疑者らは「無料で日本観光ができる」などとタイで女性を勧誘。渡航費分などの借用書を書かせて「返済する
まで帰国できない」と売春を強要していたという。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





● 空き部屋で商品を受け取り、ネット通販不正注文で容疑の中国人中学生逮捕 (2016年7月12日 産経ニュース)

通販サイトで商品を不正に購入し、空き部屋で住人を装って受け取ったとして、警視庁サイバー犯罪対策課は
窃盗容疑で、中国籍で東京都台東区西浅草の大学1年、S容疑者(25)を再逮捕した。
同課によると「弁護士と話してから話す」と認否を留保している。

同課によると、S容疑者は在日中国人向け情報サイト「小春網」で商品の受け取り役を募集。
応募してきた少年(19)=別の窃盗容疑で逮捕=に、空き部屋の住所や商品の配達時間帯を伝え、1回当たり
7000円の報酬で受け取らせていた。
空き部屋にはいずれも鍵が掛かっていたが、少年は近くに設置されたキーボックスから鍵を持ち出したり、電子
鍵の場合は暗証番号を正確に入力したりして、部屋に入っていた。
鍵の保管場所や暗証番号は不動産業界で共有されており、同課がこれらの情報の入手経路も調べる。

S容疑者は昨年12月から今年3月にかけ、約60件、200万円の不正注文をしていたとみられる。
再逮捕容疑は昨年12月から今年1月、不正に入手したクレジットカード情報を使って腕時計やヘッドホンなど
7点(販売価格約42万)を購入し、都内や千葉県内の空き部屋で受け取っていたとしている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





● 宿泊料代わり働いた疑い、外国人観光客2人を逮捕 (2016年10月11日 朝日新聞)

札幌市内のホステル(宿泊施設)で働く代わりに無料で宿泊したとして、北海道警は11日、観光客のマレーシア
人の女(30)と中国人の女(19)を入難民法違反(資格外活動)の疑いで現行犯逮捕した。
また、女2人に不法就労させたとして、道警はホステルの運営会社の社長の男A(45)やホステル責任者の女
(34)ら3人を同法違反(不法就労違反)の疑いで逮捕する方針。

道警によると、2人は11日午前、同市中央区のホステルで宿泊料2000円をそれぞれ免除される代わりに、無資
格で館内の清掃やベッドメイキングなどをした疑いがある。
2人は容疑を認め、「観光ビザで働けないと分かっていたが、現金を貰っておらず大丈夫だと思った」などと供述
しているという。

同社は主に外国人向けのホステルやゲストハウスを東京や大阪など6都道府県で計13店舗展開。
ホームページに「就労資格がなくても掃除などに従事すれば無料で宿泊できる」との内容を英語で掲載しており、
道警は組織的な犯行とみている。

札幌市によると、昨年度にしないで宿泊した外国人は191万8000人で、過去最多を記録。
中国、台湾、韓国などアジアの客が多くを占める。
北海号労働局によると、今年8月のホテル従業員らの有効求人倍率は2.63倍と全体の1.07倍を大きく上回り、
人手不足の状態となっている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





● 留学生の不法就労助長の疑い、日本語学校理事長を逮捕 (2016年11月8日 産経ニュース)

群馬、栃木両県警は8日、外国人留学生を違法に働かせたとして入管難民法違反(不法就労助長)の疑いで、
栃木足利市の日本語学校『M』理事長のA容疑者(47)=群馬県館林市=を逮捕した。

逮捕容疑は2016年9月6日から10月3日、同校で学んでいた20代のベトナム人男子留学生2人を、自身が
経営する労働者派遣会社で雇用して群馬県邑楽町の倉庫に派遣し、違法に長い時間働かせた疑い。

群馬県警によると、入管局の許可を得れば留学市は1週間に28時間のアルバイト就労が可能だが、2人は1週間
に30時間から40時間働いていた。
学校が借り上げたアパートに住み、家賃などが給料から差引かれていた。
両県警は8日、入管難民法違反(資格外活動)の疑いで2人も逮捕した。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





● アパート1棟を借り切り大麻栽培、ベトナム人夫婦を逮捕 (2017年2月18日 桐生タイムズ)

アパート1棟を借り切り大麻を栽培していたとして、警視庁組織犯罪対策5課は17日までに、大麻取締法違反
(営利目的栽培)容疑でベトナム国籍の無職A容疑者(27、桐生市新里町)と妻(22、伊勢崎市今泉町)
を逮捕した。
A容疑者は「大麻なんて知りません」と否認し、妻は黙秘しているという。

逮捕容疑は2016年7月上旬から11月5日、A容疑者の自宅で大麻草108本(乾燥後の末端価格約2600万円)
を栽培した疑い。
同課によると、A容疑者は5部屋あるアパート1棟を借り切り、4部屋を大麻工場として使用。
換気扇や扇風機、LEDライトなどを備え付け、大量の液体肥料や噴霧器なども見つかった。
警視庁はアパートから400本の大麻草を押収しており、同庁の一度の押収本数としては記録の残る2008年以降、
最大だという。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





● 日本への留学、書類偽装が横行 (2017年3月14日 沖縄タイムズ) 

日本語教育機関(日本語学校等)への留学を斡旋するネパールの業者の間で、入国審査時に提出する経費支弁
能力(経済力)の証明書類の偽装が横行していることが、13日までに現地の複数の関係者の証言でわかった。
銀行や「コーポレーティブ」(民間金融組織)の名義で虚偽の預金残高、収入証明等を作る手口で、留学期間中
の学費や生活費を賄う十分な経済力があるように見せかけ、入国審査を通過させていることが本誌の記者の現地
取材でわかった。 





● 留学生に在留資格を不正に取得させた疑い、会社役員を逮捕 (2017年4月7日 産経新聞)

留学目的で来日した外国人が在留資格を不正に変更し、資格外活動をするのを手助けしたとして、警視庁組織
犯罪対策1課は、入管難民法違反(資格外活動幇助)の疑いで、東京都練馬区の会社役員A容疑者
(男、53)を逮捕した。
逮捕容疑は、昨年11月、留学生として来日した20代の中国人男性が在留資格を不正に変更、資格外活動を行
うのを幇助した疑い。

同1課によると、A容疑者は自身が役員を務める東京都豊島区東池袋の会社で中国人男性を社員として雇用した
ように偽装。
男性が在留資格を「留学」から、就労が可能な資格に変更するのを助けたという。
A容疑者は、2012年4月から2016年6月まで、同様の不正行為を繰り返していた疑いがある。

同1課は、A容疑者が報酬として60万円から100万円を受け取り、これまでに中国人ら60人以上から
計5300万円以上を得ていたとみて調べを進める。
不正に在留資格を取得した外国人は、首都圏の居酒屋やコンビニなどで働いていたという。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





● 特定の店舗で窃盗指示、ベトナム人らを逮捕、有罪 (2017年5月1日 読売新聞)

万引きを繰り返していたとして、窃盗罪などで佐賀地検から起訴されたベトナム国籍の男3人が、特定の量販店
やディスカウントストアの商品を盗むよう指示されたいたことがわかった。
ベトナムでは、日本で販売されている品物の人気が高いといい、捜査関係者は「カラフルな商品は需要があり、
今回はそれを集中的に狙った犯行」とみている。

3人は昨年10月から11月までの間、佐賀県内や熊本県の大手量販店の衣料品など51点(計約30万円相当)
を盗んだとして起訴された。
3人は役割を分担し、1人が商品を選び、1人がバッグに入れ、残る1人が店外に持ち出す手口を繰り返していた。
今月19日、佐賀地裁は3人に懲役2年から2年6月、執行猶予3年の判決を言い渡した。

捜査関係者によると、3人のうちのリーダー役の男は、ベトナムの衣料品経営者からフェイスブックで店や商品、
買い取り価格を指定されていたと供述。
指定された店からダウンジャケットやスポーツシューズなどを盗むよう指示され、実行した。
「日本での販売価格の50%から70%が利益として入っていた。
現地の富裕層などに人気があった」と供述したという。

公判では、盗んだ商品は東京都などの拠点となるアパートなどの1室に郵送され、仲間が現地に直接運んでいた
ことも明らかになった。
佐賀県警は組織の実態解明に向け、更に捜査を進めている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 



● 白タク営業、不法就労の疑いで中国籍の男性を逮捕 (2017年6月9日 琉球日報)

沖縄県警と福岡入国管理局那覇支局は、6月9日、入管難民法違反(資格外活動違反)の疑いで中国国籍
の那覇市の会社員A(31)を逮捕した。
県警の捜査の過程で、Aが観光客を自家用車に乗せて送迎する行為が確認されたことから、道路運送法に違反し
た無許可の有償旅客運送、いわゆる白タク行為があった可能性もあるとみて、道路運送法違反の立件も視野に
捜査を進めている。
また、Aを従業員として雇用していたとして、中国国籍の旅行会社経営者B(38)も入管難民法(不法就労
助長)の容疑で逮捕した。Aは「技能}の在留資格で日本に滞在していた。

Aの逮捕容疑は、2017年4月20日から5月26日までの間に、Bが経営する旅行会社で、自家用車を運転し
観光客を観光地やホテルの送迎するなど、許可を得ずに資格外活動をしていた疑い。
Bは、Aを従業員として雇用し、不法就労させた疑い。
県警の捜査期間中に、会社員が観光客を送迎していることが11日にわたって確認されたという。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





● 技能実習生のベトナム人を不法就労させた疑いで会社役員らを逮捕 (2017年10月19日 産経新聞)

就労資格のない技能実習生のベトナム人らを不正に労働させたなどとして、警視庁組織犯罪対策1課は、入管難
民法違反(不法就労助長)の疑いで、会社役員A容疑者(68)=埼玉県熊谷市相上=と韓国籍の会社員B容
疑者(46)=群馬県伊勢崎市豊城町=を逮捕した。

逮捕容疑は、今年1月18日から6月27日まで、就労資格のない20代のベトナム人男女3人を、A容疑者が
経営する工場で不法に就労させたとしている。

組織犯罪対策1課によると、3人は技能実習生の資格で来日した後、実習先から失踪。
一時は不法滞在となっていた。
B容疑者は就労資格のないベトナム人を知人のベトナム人ブローカーを通じて集め、A容疑者に従業員として
紹介していた。
集めたベトナム人を運営する寮に入居させるなどし、寮の家賃等の名目で現金を徴収し、約700万円の利益を
得ていたという。

B容疑者にベトナム人を紹介していたブローカーは、自身のSNS(会員制交流サイト)で、「仕事を紹介する」
などと呼びかけていたという。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







当事務所は、これまで数多くの入管申請手続きを行っており、ご依頼者様との綿密な打合せをもとに、充分時間
をかけ申請書類を作成し、在留資格(ビザ)の許可確率を高くするよう心がけています。

入管局への申請をご自身でされ、残念ながら不許可になった場合であっても、申請内容や申請経緯によっては、
再申請で許可を得ることも可能ですので、申請資料は必ずコピーをとっておくことをお薦めします。

当事務所では、申請書、理由書、説明書、事業計画書、経緯書、行動予定書、その他の書類の作成のみの
ご依頼もお受けしています。


詳しくは、当事務所に直接お尋ね下さい。

行政書士 良子行政法務事務所

      092-725-8231


お急ぎの方は、携帯電話にご連絡ください。

      090-7399-9301







Immigration  Legal  Adviser 
申請取次行政書士 良子 修

<地方入管局管轄・分担区域>
(福岡入国管理局管内):福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
(広島入国管理局管内):広島県、岡山県、鳥取県、島根県、山口県
(高松入国管理局管内):香川県、愛媛県、徳島県、高知県
(大阪入国管理局管内):大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県
(名古屋入国管理局管内):愛知県、三重県、静岡県、岐阜県、福井県、富山県、石川県
(東京入国管理局管内):東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県、長野県、新潟県
(仙台入国管理局管内):宮城県、福島県、山形県、秋田県、岩手県、青森県
(札幌入国管理局管内):北海道

・・・・・・・・・・・

<福岡入管局:支局、出張所管轄管轄管轄・分担区域>
北九州出張所(北九州入管局):福岡県、大分県
佐賀出張所(佐賀入管局):佐賀県、福岡県、長崎県
長崎出張所(長崎入管局):長崎県、佐賀県
対馬出張所(対馬入管局):長崎県
大分出張所(大分入管局):大分県、熊本県、宮崎県
熊本出張所(熊本入管局):熊本県、福岡県、大分県、宮崎県
宮崎出張所(宮崎入管局):宮崎県、鹿児島県
鹿児島出張所(鹿児島入管局):鹿児島県、熊本県、宮崎県
那覇支局(沖縄入管局):沖縄県
嘉手納出張所(嘉手納入管局):沖縄県
宮古島出張所(宮古島入管局):沖縄県宮古島市、宮古郡
石垣出張所(石垣島入管局):沖縄県石垣市、八重山郡

ご依頼があれば、日本全国の入国管理局に申請代行致します。